みんなで
LET'S BIKE

MESAGE

まちを、ひとを、
さわやかにする、Let’sレッツ BIKEバイク

これまでのレンタルサイクルとは異なります。
まちの複数箇所にLet’s BIKE(レッツバイク)が置いてある
サイクルポート(お店・駐輪場等)を設置します。
そのどこからでも借りることができ、
どこのサイクルポートにも返却することができるのです。
自転車に乗りたい時に、乗りたい距離・時間だけを利用できる
自由で便利なシステムです。

SCENE

POINT

Let’s BIKEの3つの特徴

  • Let’s BIKEは、電動アシスト付き自転車です。

    Let’s BIKEは、電動アシスト付き自転車だから、ちょっとした坂道も長距離もスーイスイ。ミニベロタイプでは珍しい7段変速ギアを搭載していますので、急な登り坂では低速ギアに、景色のよい軽快な道では高速ギアでさわやかな風を感じながらお楽しみいただけます。まずは一般的なミニベロタイプの自転車からスタートしていますが、現在、マウンテンバイクや、お年寄りの方にもより安心してご利用いただけ、ちょっとしたお買い物の荷物を運ぶのにも便利な三輪の自転車も開発中です。さらに、安全を一番に考えた子供用の電動アシスト付き自転車も検討・研究中です。Let’s BIKEは、ノーパンクタイヤですから、パンクの心配がなく、空気の補充も必要ありません。

  • クラウド型生体認証・決済サービスもスタートします。

    Let’s BIKEは、スマートフォンなどの携帯モバイルでかんたんにご利用いただけます(コンビニ等での1日パスや、専用ICカードなどもご利用いただけるポートもあります)。さらに、ますますスムーズ、スピーディーに借りることができるように、シェアサイクル業界では一足お先に、指紋認証キーシステムを順次導入していく予定です。

    指紋認証って、個人情報の心配はないのですか?

    日本初、銀行口座と連携した高度な安全性のあるシステムを導入します。生体情報の特徴点同士を結んだ三角形や四角形に情報を与え、各特徴量をインデックス化し、さらに暗号化して、クラウドサーバー側に保存します。元の画像データを管理しない上、生体認証はサーバー側で行い、IDシステム側では暗号方式にてユーザー認証を行うシステムにより、高いセキュリティを実現します。

  • ワイヤレス充電。ポートの設置工事も迅速に。

    Let’s BIKEは、自転車ラックに停めた(駐輪した)だけで、ワイヤレス式にて給電できるシステムです。「充電忘れ」や、充電のための「バッテリーの取り外し」の手間がありません。さらに、その充電のための電力を、太陽光発電に委ねる仕組みも開発いたしました。これにより、地面を掘っての電気の引き込み工事など、たいへんな設置工事を必要としませんので、サイクルポートをすぐに設置可能です。イベントや災害時などにも一時的に設置できます。

観光にも、ビジネスや日常生活にも。
みんなでLet’s BIKE!

自転車だからこそ、
出会える場所がある、出会える人がいる。
出会いこそが、みんなをつなげていきます。
天気がよい日は、自転車。
太陽の下、なんだか少し健康になれた感じがします。
自転車なら、
みんなの元気な顔がみれる、まちになれます。

COMPANY

株式会社 陽報
本社
〒213-0022神奈川県川崎市高津区千年541-4
横浜営業所
〒222-0033神奈川県横浜市港北区新横浜2-7-19竹生第2ビル5F
TEL
045-565-9700
FAX
045-565-9701
MAIL
info@c-case.co.jp
WEB SITE
www.c-case.co.jp